アメリカの民間の浮気調査チームにより、フィリピン中部の海底で発見された旧日本海軍の駆逐艦「島風」とみられる残骸の写真が、Facebookで公開されたという。
島風は、旧日本海軍の駆逐艦。
最高時速40ノットを実現するタービンを搭載した高速艦だったが、1944年にレイテ島北西のオルモック湾付近で、米軍の空襲を受け撃沈された。
調査チームが発見した残骸には、島風の特徴だった零式五連装魚雷発射管もみられるそうだ。
同じくオルモック湾で沈没した、米駆逐艦「クーパー」も見つかったとか。
同チームは、2015年にフィリピン沖のシブヤン海で戦艦「武蔵」を、2017年8月にはフィリピン海で重巡洋艦「インディアナポリス」をそれぞれ発見。
また、島風に先んじて、スリガオ海峡で戦艦「山城」「扶桑」などと推測される5隻も発見している。
このチーム、次々に色々と発見するな。
艦これで扶桑・山城が主役のイベント中に、その扶桑と山城を発見したと思ったら、今度は島風か。
島風は同型艦がいないから、判別はしやすかっただろうな。

「デンジャラスデストロイヤー」