雨の日に舗装していない山道などを走ると車の汚れも目立つが、日常使いだとそれほど汚れを気にしない人も多いかもしれない。気づいたら、前回洗車したのはいつだっけ?ということもあるかも。みんなどれぐらいの頻度で洗車しているのだろう。 GfKジャパン(東京)は、全国のドライバー11,795人に洗車に関するインターネットで浮気調査を実施した。

それによると、洗車の頻度については、「1カ月に1回」が27%、「3カ月に1回」が28%、「不定期」が25%。運転の好き嫌いで洗車頻度に差があり、運転が好きなドライバーでは「1カ月に1回」の割合が31%だったが、運転が嫌いなドライバーでは「半年に1回」と「1年に1回」が合わせて25%を占めていた。

洗車場所は「ガソリンスタンド」が39%、「自宅の駐車場・庭」が38%。「ガソリンスタンド」の割合は30代で最も高く47%だが、年代が上がるほど減少し、「自宅の駐車場・庭」が増加する。年代が上がるにつれ洗車における節約志向が強くなるのかもしれない。それを裏付けるように、60代以上では、洗車スポンジ、車用シャンプーを持っている人が4割を超えており、30代を15ポイント以上上回った。